生涯初のレザークラフト第1号コインケースが完成♪

ねじ捻&菱目打ちで軽めに跡をつける

一つ、ねじ捻でラインを引き、
菱目打ちで軽く跡をつけていく。
穴間隔の帳尻を合わせるために
うまく穴を開けるのは結構難しい。

写真で見ると良くわかるけど
2枚の革の合わせ面がズレて汚い。
貼り合わせた後、修正するのは
非常に手間がかかるのがわかった。

革を切るところからキレイに
しないと仕上げまで響くんだな。

本格的に菱目打ちで穴を開ける

最初慣れるまで難しかった。
本体のサイド部分は比較的
まっすぐだからと4本の菱目打ちで
やってみたら微妙にズレる。
きっちりとした直線ではなく
ゆるーいカーブだからだけど、
結構微妙なんだなと知る。

なんとか一つだけ一周してみた。
光にかざすと穴が貫通しているか
どうか良くわかる。

いよいよ縫ってみる

これまた初めての事なので難しい。
youtubeにあがっているレザークラフト動画や
型紙を購入したサイトの作り方を
見ながら見様見真似で縫うことに。

縫い目の揃った作品はそれだけで見た目も美しく、レザークラフトの醍醐味の一つでもあります。ここでは、縫い目の揃ったきれいな縫い方のコツと、糸の始末を目立たせないテクニックを紹介します。

糸の長さは4倍とあったが、
短いと困るので、ちょっと長く
4.5倍ぐらい取ったら、
最終的にはちょうどな感じでした。

縫うのは慣れてしまえば、作業自体は
単純作業なので問題ない。

糸を通した後でキュッと適度な力で
締め付ける点はちょっと注意が必要だった。
最初から最後まで均等に締めないと
革がよれたり、シワになったりしそうだ。

何とか無事に終了。

とりあえず、生涯初の
レザークラフト第1号が出来ました。
もうすぐ女房の誕生日なのでプレゼント(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする